アソコの国際比較

男性のアソコは日本人と外国人、かなり違うのは一般的によく知られた事。では女性のアソコは日本人と、外国人、違いはあるのでしょうか。

 

白人女性のアソコは外陰部は色素沈着が少ないため、肌の色と同様に、全体的に白っぽくてピンク色と言われています。

 

 

いろいろな研究者の報告を総合すると、それぞれのパーツは体格にはさほど関係無いようで、東洋系の女性より、白人や黒人の女性の方が『大きい』ようです。

 

クリトリス
  • 日本人・・・5mm
  • 白人・・・6.5mm

 

小陰唇
  • 日本人・・・15mm
  • 白人・・・25mm

 

大陰唇の厚さ
  • 日本人・・・10mm以下
  • 白人・・・11mm以上

 

が多いそうです。

 

 

ちなみに小陰唇の長さ、大きさの世界ナンバーワンは【アフリカのホッテントット族】だそうです。

 

長い人で10数センチにもなり、股の間から垂れ下がっているのが見える程だそうです。

 

小陰唇が長いと美人だという文化風土のため、もともと長めであったホッテントット族が更に引き伸ばしをしているためだそうです。ちょっと痛そう・・・。

 

それにしても世界にはいろいろな人達がいるんですね。

 

 

参考:

男が知りたい女のからだ なかなか聞けない87の疑問 (ブルーバックス) [ 河野美香 ]